悠悠自適なオタク生活

好きなことやどうでもいいことを書き綴る、ジャンル崩壊の趣味ブログ。

TREASUREのアサヒ(浜田朝光)さんの話

こんにちは、悠です。

TREASUREのASAHI(浜田朝光)さんが、8月20日にお誕生日を迎えられました!おめでとうございます!!

誕生日だし…と、これまでのTREASUREと彼の歩みを振り返っていたら、ちょっと推し語りをしたくなったので、今回は彼の魅力について綴ってみたいと思います。

1日遅れてしまいましたが、朝光誕生日記念の推し語り、始めます。

私から見たアサヒ

  • 本名、浜田朝光

2001年8月20日生まれ。

ジブリのキャラクターみたいに綺麗な顔と、豊かな感性を持つ、J-POPとK-POPの融合を実現したTREASUREのメインプロデューサー

  • 好きな食べ物、ママの作るグラタン

コーラをよく飲んでいるイメージがあるけれど、コーヒーとか紅茶も時々飲んでいる。

  • 苦手な食べ物、野菜

トマトはハルトにあげるし、甘い匂いを嗅ぐとオエってなるし、アスパラガスを吐き出しそうになってジョンウに笑われるし、結構偏食
そのくせ、ご飯の前にお菓子を食べちゃうジェヒョクのことは叱る。

  • 好きな色、全ての色

オレンジは特別なのかなと思ったりもするけれど、大抵好きな色を聞かれたときは“全ての色”と答えている。

  • クールなイメージとは裏腹に面倒見がよく、妹がいるからなのか、子どもの相手をするのが上手い

(子どもたちと一緒に過ごした、こちらのTREASURE MAPの2つのエピソードを見てもらえれば、言いたいことはすべて伝わると思います。子どもとの接し方がとても上手で驚きました。この回は、メンバーみんなの意外な姿が見られるのもおすすめポイントです。何度見ても癒されます。)

  • 巫山戯ているようにみえて、意外と周りをよく見ている

だからなのか、弟たちからは懐かれ、兄たちには構われる

(朝光と温斗の写真、どれも“相棒”感があって大好きです。画になるふたり……。)

  • 弟組の長男

(TREASUREを兄組6人と弟組6人に分けると、朝光さんは弟組の長男になります。その事実がまずエモい。)

  • ファッションやインテリアのセンスが良いレトロでお洒落

部屋も作業室も、とても居心地が良さそう。羨ましい。

www.vlive.tv
www.vlive.tv

(朝光の部屋で行われたジェヒョクの誕生日Vライブと、朝光と温斗の作業室で行われたVライブを紹介しておきます。インテリアのセンスも然ることながら、Vライブのカオスっぷりも見どころです。)

  • 絵が上手い。デザインセンスがある。

感性が豊かで、アイデアも豊富。

(TRUZのヒクンの絵柄が好きすぎるんですが、この原案ヒクンたちのデザイン性の高さにも驚きました。作画はすべて朝光本人によるものです。本気でグループのグッズデザインにも携わってほしい……。)

(朝光と温斗が作った曲である『ORANGE』のポスターイラストも朝光の作品です。柔らかいタッチの美しいイラストがとても気に入っています。)

  • 字がめちゃくちゃ綺麗

日本語もハングルも、読みやすく綺麗な字を書く。

  • ダンスと歌の成長が著しく、ライブを重ねるごとにパフォーマンスが向上中。

たぶんものすごく努力家なのに、表ではそれを見せない。

  • 作曲もするし、ボケとツッコミどちらもこなせる、関西弁が流暢なおもろい人。


これが、私の思うTREASUREのASAHI浜田朝光という人間のイメージである。


設定盛りすぎな二次元アニメキャラか!
というツッコミが入りそうなくらい、沼の要素が詰まっていて、書き出していたら怖くなってきた。

まだデビューして2年ちょいなのに、こんなに次から次へと魅力が溢れてくるとは……。
まさしく才能の宝石箱や……。

デビュー前は原石だった彼が、この数年で輝く宝石へと変貌を遂げたのだ。

他のメンバーも然り、TREASUREという名に相応しい姿に成長していく彼らをこうして応援出来て、本当に幸せだと思う。


コンテンツを見れば見るほど、浜田朝光というひとりの人間の人柄を知れば知るほど、底なし沼にハマっていくようで、正直ビビっているが。

ぜひ一緒に、その沼に片足突っ込んでみてほしい。

めちゃくちゃ楽しい世界が待っているはずだ。


彫刻のようなビジュアル

朝光といえば、彫刻のように整った顔立ちが真っ先に浮かぶ。

簡単な言葉で表現するならば、“顔がめちゃくちゃ綺麗”なのだ。

まあ、これは見たら一発でわかってもらえると思うが、とにかく“美しい”という表現がぴったりなイケメンである。

レオナルド・ディカプリオの若かりし頃のビジュアルを彷彿とさせる、通称“アカプリオ”期の朝光さんです。なんだかこう……筆舌に尽くし難いレベルのハンサムなビジュアルなので、ぜひみなさんの目で確かめてみてください。久々にこのTMIを見ましたが、メンバーがまだ幼くて可愛いです。)

ハイライトが入ったブラウン。
金髪。白髪。黒髪。長髪。短髪。

ぶっちゃけ、なんでも似合う。

よく、“人を外見だけで判断するな”と言うが、内面の美しさは外見にも少なからず影響すると思っているので、類まれなる外見の美しさというのは、とても大きな魅力である。

性別を感じさせないその佇まいと、どこか儚げで冷たい雰囲気が、人ならざるものに見えることすらあって驚いた。

(ビジュアルだけで見たら、人間界に堕ちてきた天使と言われても…多少は驚きますが受け入れられると思います。まあ、うん。喋ったらかなり人間味に溢れていて、おもろい人なので、そういうところのギャップも好きです。)

ちなみに、マニアックだという自負はあるが、朝光の犬歯が好き。

あの犬歯が猫っぽさに拍車をかけている気がする。

(犬歯が見れます。)


笑いの伝道師

朝光といえば…彼のことを少しでも知った人ならば、きっとこちらの姿を思い浮かべるだろう。

“笑いの伝道師”“TREASUREの笑いスイッチ”

おそらく、生まれたときから笑いの遺伝子が心と身体に染みついているのだと思うが、いつ如何なるときでも、彼は笑いを追求している。 

おすすめが多すぎて選ぶのが難しいのだが、比較的最近のコンテンツで気に入っているものをいくつか紹介したいと思う。

(デビュー2周年記念のトレマスペシャルです。朝光とジョンウが可愛くて面白くて……。最近この2人、熱いです。)

(TREASUREのバラエティセンスが存分に発揮されたコンテンツ、アイドル人間劇場です。シュールで、めちゃくちゃ笑っちゃいました。もれなく全員面白いです。やばいグループだなと実感しています。)

(ルールなにそれ美味しいの?なTREASUREによる、騒がしく、はちゃめちゃな祭りです。ヒョンソクジュンギュアサヒチームの平和さと戦闘力の低さが愛おしいし、朝光とジョンウがまたまた可愛いです。ヒョンソクも面白すぎて……。思いっきり笑いたいときにおすすめです。)


音楽で語る作曲家

朝光が温斗と作った『ORANGE』は、抒情的な表情を持った、美しくて優しいバラードに仕上がった。

元々のキーから、メンバーのためにキーを上げて作り直したというエピソードもある。

J-POPとK-POPそれぞれの魅力を融合させて、そこにTREASUREの色を掛け合わせて作られる楽曲は、どこか懐かしく耳馴染みが良い。

美しい情景が目に浮かぶような曲。


そして、おそらくイェダムと朝光の共作である『EVERYDAY』

これまでもしつこくブログで紹介してきたが、個人的に本当にこの曲が大好きで。

何度聴いても、胸がきゅっと締めつけられるような気持ちになったり、きゅんとしたり、感情を忙しなく揺り動かされる。

歌詞もメロディーもとても良い。

TEU-DAYで画面越しに聴いて、さらに好きになった1曲である。


いつか音源化してください……いつまでも待っています……。


そして、最近のお気に入りはなんと言っても、ジョンウのベテルギウスのカバーである。

メインボーカルはジョンウなので、このカバーについてはジョンウの誕生日に改めて書くつもりでいるが、コーラスで朝光も声を入れているのがとても良き。

サヒウ(朝光とジョンウのケミ名。woosahiとも言われています。)声の相性の良さはもちろんのこと、普段はバカやってふざけ合っている2人が、こんなにも素敵なカバーを準備して、こうしてファンに聴かせてくれたことが嬉しくて、聴くたびに癒されている。

ルジョンウアジェ……といった王道ケミも然ることながら、私が密かにずっと推しているのが、サヒウだったりするのだ。

王道ケミとはまた違った魅力のあるケミだな……と最近強く感じている。

また2人でも、みんなでもこうして歌ってほしいし、たまにはツーショットをファンにも見せてね……。

サヒウ推しの民としては、そろそろ2人のオフショットが見たい……。


photo by ASAHI


これらの他にも「photo by ASAHI」の投稿はかなりあるが、すべては紹介しきれないので、このあたりにとどめておく。

どれもメンバーとの関係性が伝わってくる、素敵な写真だ。

個人的に、朝光の撮るメンバーの写真が大好きなので、いつか写真展の開催もしくは、フォトブックの作成をしてくれないだろうかと割と本気で望んでいる。

なんだか最近は、他のメンバーも写真にハマっているようで、フォトジェニックなTREASUREをフォトグラファーなTREASUREが撮る、みたいな構図が楽しい。

フォトグラファー朝光の今後にも、大いに期待したい。


最後に

TREASUREの朝光の沼、みなさんいかがでしたでしょうか?

正直、彼特有のミルクティーボイス(私が個人的に勝手にそう呼んでいるだけですが)についてや、ライブでの視線についてなど、まだまだ3時間くらいは語り尽くせますが、時間と文字数の関係でこのあたりにしておきます。

www.vlive.tv
www.vlive.tv

(この声が好きなんです……。YG宝石箱時代の彼は、技術的には未熟だと思いますが、この掠れ具合があまりにも好みでびっくりしました。)


TREASUREはメンバーみんな個性が強いので、この子が推し!とは決められませんが。

邦ロックのオタクもやっている私としては、朝光さんの存在の“エモさ”に、そこはかとなくバンドマンみを感じて、めちゃくちゃテンション上がります。

これはおそらく、フレデリックとTREASUREの掛け持ちオタクである私の主観が入りまくっているとは思いますが、朝光ってフレデリックの康司さんと被るときがあって……。

個人的にはそれも胸が熱くなる案件です。

良い意味でK-POPアイドルらしくない彼が、これからもメンバーたちと一緒に、のびのびと、彼らしく音楽を続けていってくれることを心から願っています。


長くなりましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、また。